転職で求人を探すなら、スカウトという手も
転職で求人を探すなら、スカウトという手も

転職で求人を探すなら、スカウトという手も

転職や就職活動をするなら、できるだけ求人が多い時期にすませたいものです。

選択肢が多い方が、条件の比較ができて、より自分に合った職場を見つけることができるでしょう。

そのためには、まず、求人が多い時期がいつなのかを知っておくことが大切です。

大抵、年度替わりの時期である三月から四月、さらに決算期である九月から十月にかけて、求人は多く出やすい傾向にあります。

転職や就職を考えているのであれば、その時期よりも最低二ヶ月くらい前には離職の意思表示、それに伴う手続きを始めるというスケジュールが望ましいでしょう。

先に新しい職場を決めてしまおうと、「辞める予定」でさっさと転職活動をして、いざ新しい職場で採用が決まったものの離職の手続きなどがスムーズに進行できないようでは、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう危険性があります。

新しい職場、現在の職場、どちらにも迷惑をかけないよう、離職の手続きは早めにしておきましょう。

企業によっては、離職願の受理から手続きの完了まで数ヶ月かかるケースもあるため、離職前に自分の勤め先の規定がどうなっているかを一度確かめておくのがお勧めです。

万一、スムーズに再就職ができない場合に備えて、各種保険などの手続きを改めておくとより良いでしょう。

逆に、求人が多く出る時期は、その時期を狙って求職活動を始める人が多い時期と言えます。

求人がたくさん出ているからと悠長に構えていてはいけません。

求人が多い時期については先述しましたが、業界・業務内容によっては求人が出やすい時期も変わってくるため、希望の職種があるなら離職前から下調べをしておきましょう。

また、特別なスキルや資格を持っている場合は、離職のための手続きを始めた時点で転職サイトに登録しておくのがお勧めです。

人手不足の現在、即戦力になるスキル・資格保有者を探している雇用側は少なくありません。

転職サイトで企業側からスカウトされるケースもありますので、どのようなスキルや資格を保有しているのか、現在の職場との契約がいつ終了するかなど、転職に有利になりそうな情報を提示しておきましょう。